今回は待望の愛娘の出産についてです。
育休取得のタイミングは仕事上繊細なのであまり動かしたくなかったものの相手は赤ちゃん・・・
予定は変更が続きましたが無事出産に至りました。

当初予定

出産予定日は6/30日、第一四半期を終えたころに産まれるなんて、仕事に追われるでもないが一山作った感あるタイミングで素晴らしいと勝手に思っておりました。出産後一週間(帝王切開は10日)は入院するとのこと。入院期間は妻もあおちゃんも病院が面倒を見てくれるので安心で退院を目処に育休を取得すればいいかと考えておりました。

ところが!6/7の検診で逆子なことが判明!!逆子だとスムーズに出産できないことも多く、主治医の先生言うには帝王切開にするとのこと。。。経腟分娩の方が自然でいいじゃないとの気持ちもあったけど、母子の安全第一を考えれば帝王切開で月末出産することに。

しかし!!翌週6/14の検診ではなんと逆子はなおってるじゃないですかあなた!
一方でどうやら赤ちゃんが先週と比べて変わってないことがわかり、何か問題が起きていたら困るからとのことで翌日から入院し陣痛促進剤を投与することに。

仕事中に妻からLINEがきて仕事終わりに合流。入院前に体力を付けるべく焼肉を食べに行きました

さて翌日からはそわそわの日々。今にも生まれるかもしれないと思いながら携帯をそばにおいては気になって仕方がありませんでした。なんと言っても職場から妻の入院している病院までは歩いて10分、走って4分。お客様のところを出てもすぐ確認して、席を立っても携帯を開いてから帰る為、上司からは落ち着きなく見えたかもしれませんw

それでも赤子は産まれません。3日間いろんな種類の促進剤を使いました。
それでも赤子は産まれません。そわそわし続けた3日間でへばってきましたが、ここまでやって経腟分娩できなければ逆子ではないものの帝王切開をすることになりました~ひえ~

タイミングもわかるし保険も効くしそういう意味では大変ありがたく感じました!
そして有給をもらって面会に。執刀医の先生や麻酔の先生がかわるがわる挨拶と説明にきてくれました。手術の直前まで普通に談笑していましたが、時間になると看護士さんたちが車椅子で連れていってくれました。その後病室でただただ待機・・・

1時間もせずに産まれましたよ~との声で見に行くと保育器に入ったわが子!!小さい!白っぽい!動いてる!ガッツ石松みたい!かわいい!約2200gと小柄ながら立派に生まれてくれました!感動!!

数十秒経って小児科の先生と看護士さんたちに囲まれわが子は新生児室へ、その後1時間半ほどでベットに横になった妻登場。緊張や出血でだいぶ疲れているが大過なく手術を終えた様子。お疲れさまでした。

その日は面会時間いっぱいまで妻といて痛そうにはしますが話は普通にできたので面会時間いっぱいまでゆっくりしていったん帰宅することになりました。妻、本当にお疲れさまでした。これから大変なこともあるかと思いますが娘ちゃんと一層はっぴーな家庭にしていきましょう。

 最後までみて頂いてありがとうございます。 ぽちっと応援していただけるととっても励みになります! 

にほんブログ村 子育てブログへ