今日は取引先の経理部長と飲みに行ってきました。強烈な推進力を持ち私利私欲のないリーダーと現場の狭間で格闘する40代と育休中のもていがお酒を酌み交わしてきました。ちなみに妻には前々から飲みに行く予定は事前相談しており行かせてもらえました~~感謝!!帰りにおみやげポテチ買いました^^

1.外貨預金をやってみようと思った背景
2.外貨預金の金利~他の国の金利ってどれくらいか~
3.キャピタルゲインとインカムゲインについて
4.注意点とリスク
5.実際にやってどうだった
6.応用編

1.外貨預金を始めようと思った背景

今日も今日とて投資、お金についてです。みなさん貯金してますか?何かあったときに困らないように三か月分ぐらいの生活費を貯金しておきなさい!なんてことはよく言われます。でも円預金に置いても金利はスズメの涙・・・心ばかりの利息にこっちも涙でちゃいそうです。

ちなみにメガバンク<地銀・信金<ネット銀行の順に金利は高くなっていきます。そのネット銀行でも1年定期で0.25%ぐらい。1万円を1年預けて25円、10年預けてもATMで時間外にお金を下したら飛んで行っちゃう利息なんですね(´;ω;`)

他の国の金利ってどれくらいか見たことあります?

ちなみにソニー銀行の外貨1年定期金利を2019/7/19見てみたところ以下のように
・豪ドル      0.9%
・米ドル      1.8%
・ブラジルレアル 2.3% ※3か月定期の年率
・南アランド    5.65%   (;゚Д゚)

なんで日本ってこんな低いの???って感じですよね(´;ω;`)
昔は高かったんです。銀行がつぶれることもありましたが。。。今は預金者保護の観点で潰れることはほとんど怒らないですが金利は残念なことに。なお金融政策の目的としては企業の借入や住宅ローンの金利を少なくし積極的に投資するためだったり、国債の発行側の負担が増えないように、と様々あるようです。

 3.キャピタルゲインとインカムゲインについて

外貨預金のメリットの取り方は二つ
・キャピタルゲイン・・・外貨高円安になることで為替差益を取れる!!!逆もしかり!!!
              売買したときに損も益も確定される。
・インカムゲイン・・・金利。日本円より高金利の通貨は多い!

 4.注意点とリスク

・キャピタルゲインについて
 為替がどう動くかは、購買力平価が長期的な通貨価値の指標になるといわれているけど、正直プロのトレーダーでも連戦連勝はあり得ない。

・インカムゲインについて
 金利分持っているだけで儲かりそうではあるが、気にするべきはその国のインフレ率。上記の南アも金利でどんどん増えていきそうですが2018年のインフレ率は4.62%(インフレ=通貨の価値が下がる)ために基本的にはその分南アランド安に動いていきます。ざっくり言えば日本の金利がゼロであれば南アに変えても5.65-4.62=1.03%程度の金利収入が入ってくることが期待できる。ここで言いたいのは表面金利に惑わされないで!

・通貨売買手数料について
 円から外貨、外貨から円、外貨から違う外貨に換えるときに金融機関は手数料を取っています。大体キャンペーンで当初高金利を付けますと言っているのはこの売買手数料で元を取っているのでご注意!

5.実際にやってどうだった

社会人になった2014年は1米ドルが100円程度から120円程度まで円安に推移した時期だったので何だかんだ1割ぐらい増えたイメージですね。細かい記録を取ってなくてすみません。ボーナスとかから10万円程度を繰り出し買ってみました。元本が少ないので机の上がいっぱいになる程度のうまい棒しか買えません。でも一年で10%は結構大きい!嬉しい!それ以降はアベノミクス効果も一巡しブレグジットやトランプ政権樹立で全く読めず特段売買がないです。

6.応用編

外貨預金を買うより低レバレッジでFXをするなど応用技があります。金融は奥が深い!追ってご紹介します!

最後までみて頂いて(人”▽`)ありがとう☆ございます。ぽちっとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村