右の女の子どうしたw

せっかくに育休中、今のうちにあおちゃんにできることをしてあげたいなというのが親心。(`・ω・´)
あかちゃんの神経細胞は生後3か月の間に著しく発達します。もちろんおなかの中でもとてつもないスピードで成長していましたが一層大事な期間に育休をとれていることに感謝☆彡

さて国語、算数、理科、社会、英語のなかでも一番大事なのは何だとおもいますか?色んな考えもあるかと思いますがもていが一番大事なのは国語です。理科社会は数学と国語が、英語と数学は国語ができないと伸び悩んでしまいます。※もていは大学時代小中学生向けの大人数塾講をしていて、ベテラン先生から傾向について聞いても同じ感想でした。

1.じゃあ国語力を伸ばすのに何が必要なの?

まず語彙力です。自分の感じていることを言語化して他人に共有するためには、まず言葉を知らないと始まりません。モッタイナイ耳キーンもどかしい等。また怒ってしまったり、手を出してしまうのも相手に上手く伝える言葉を知らないからともいわれています。

2.どうやって子どもの語彙を増やすの?

  • もてい家で行っているのは2つあります。一つは絵本の読み聞かせ。新生児ははっきり遠くまで見えないですが目の前に絵本をもってきて読み聞かせをしてあげるとすごく良くみています。またすぐ言葉がわからなくてもびっくりするところ、喜ぶところは読み方のイントネーションもあるのか伝わっているみたいです。だ・る・ま・さ・ん・が・●●!きゃっきゃうふふ。←こんな感じ!
    くま先輩にもらった絵本も早速読んであげました!小さいころにはなかった絵本。個人的定番ははらぺこあおむしと100万回いきたねこでしょうか。






  • 二つ目はドッツカード。英単語を覚えた単語カード、フラッシュカードの絵バージョン。セットを揃えるとめちゃんこ高いので図書館で図鑑とかを借りても十分いいと思います。まずはベーシックなセットから買ってやってみるとこれも良くみています。
    言葉を覚える以上の右脳が刺激されることがいい影響があるとか!

3.感想

まだまだ分かりませんね。早くぱぱしゅきって言ってほしいな~(´;ω;`)
しゃべりだす日を夢見て今日もせっせと読み聞かせとドッツカードをしていきます。

 最後までみて頂いてありがとうございます。 ぽちっと応援していただけるととっても励みになります! 

にほんブログ村 子育てブログへ